【再掲載】行政書士が教える罹災証明書(被災証明書)の書き方

この度の台風による大災害によって被害を被られた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、親戚から罹災証明書(被災証明書)の作成等の相談を受けたため、過去に当ブログにて罹災証明書の注意点をまとめて執筆した記事をご紹介致します。

↓クリックして下さい↓

【永久保存版】地震・台風豪雨で法律家が指摘する「片付けより先に写真を撮るべし」【罹災証明書】

合言葉はお手持ちのスマホで家屋等の被害状況を撮りまくるということです。

詳細は上記記事をご覧ください。

皆様が無事に罹災証明書(被災証明書)を申請され、火災保険等で補償を受けられることを切に願っております。

↓YES ! 応援クリック!↓

行政書士 坂﨑文哉(sozoku.family-terrace.com)

投稿者: 行政書士 坂﨑文哉(sozoku.family-terrace.com)

資格:行政書士、宅地建物取引士、管理業務主任者         思想:浄土真宗本願寺派、孫子                  読書:山岡荘八「徳川家康」、司馬遼太郎「関ヶ原」         尊敬:徳川家康、武田信玄、本願寺顕如              音楽:Mr.Children、すぎやまこういち、キンモクセイ、加山雄三   ハウスメーカーや法律についてわかりやすく記述していきたいと思います。 相続や遺言、入管、建設業許可等を専門としている。

コメントを残す

コメント承認に時間がかかることがあります。ご了承下さい。 * が付いている欄は必須項目です

*