冬は寒く、夏は暑いセキスイハイム~断熱性なんてなかった~

我が家は東京都内なので東京セキスイハイムの担当エリアです。

東京セキスイハイムは、首都東京を中心に神奈川・埼玉・千葉などを担当しているので、間違いなく全国のセキスイハイムの中で中心的な役割を担う営業所だと思います。

ところが、その中核をなす東京セキスイハイムの管理職諸氏の言動は、我々の常識では到底理解出来ない内容ばかりで、驚きの連続でした。

こんな汚いやり方で 当たり前のように営業を続けている東京セキスイハイムの現状には、不信感しかありません。

我々には理解し難い、セキスイハイム独自の理論で自らを正当化するわけですから、話が噛み合うわけがありません。
まるで宇宙人と話しているようなものです。

今後も次々と同様の手口で消費者を騙し続ける可能性が非常に高いのではないだろうか?と懸念しておりましたが、その思いは一層強まりました。

住み始める前から尋常ではない不具合の多い 問題山積の家だったので、間違いなく住み始めた後からも隠された瑕疵が出てくるだろうとは思っていましたが、まさに予想的中でした。

昨年末より、打ち合わせ時の図面などの資料や 音声等の証拠の品々をもとに、時間を掛けて検証してまいりました。

またしても更に新たな信じ難い悪行の数々が発覚し、その卑劣かつ巧妙なやり方にハラワタが煮えくり返る思いです!

当初より遮音や遮熱にこだわっていた私共は 当然アルゴンガス入りのサッシ窓を希望しておりましたし、更に二重窓にして駐車場の音等によって睡眠を妨げられることの無いようにしたいとまで、担当者に伝えておりました。

それが、いつの間にか何の相談も承諾も無く、全く知らない間にアルゴンガスなしの ただのサッシに変えられてしまっていました。

あり得ないことです!
絶対にあってはならないことです!

しかも、そのやり方は巧妙です。
まず、一回目の打ち合わせの時に要望通りアルゴンガス入りの窓ガラスの記号が記入された図面を渡されました。

そして二回目の打ち合わせの時には 何の説明もないまま、勝手に普通の窓ガラスに変更された図面を渡されていたのです。

直径2ミリ程の小さなアルファベットのG という文字が図面上に入っているのか いないかの違いだけなのですから、素人の我々がその点に気付くことは ほぼ不可能だと思います。

しかし、ハイムの理論でいけば、あくまで図面通りに作っているのだから何の問題も無いとのこと。

最終図面を了承して施主が印鑑を押した以上 ハイム側には一切の責任は無いという言い分です。

こんな理論がまかり通ってしまうなら、もう消費者はお手上げです。

ハウスメーカーは、施主に気付かれないように小細工をして、騙してナンボの業界になってしまいます。

車椅子のスロープのように、明らかに目に見えて消されてしまった部分の場合は 図面上で何とか気付くことが出来ました(残念ながら既に手遅れで、スロープを取り付けることは出来なくなってしまいましたが)

しかし、直径2ミリのアルファベットの有無に気付くか否かなどというレベルでは、これはもう悪質な罠としか言いようがありません。

エネファームの機種も同様です。
停電時に備え、発電できる機種をお願いしていたはずなのに、実際に設置されていたのは こちらが希望していた機能が全く付いていない低価格のものでした。

担当者が一切打ち合わせ時に記録をとらなかった理由が次第に分かってきました。

彼は、記録をとり忘れたのではなく あえて記録として残すことを避けたのでしょう。

機種などを明確にせず、あたかも要望を全て満たすことができる機種を取り付けるような振りをして、捺印さえさせてしまえば もうこっちのものだと。

何とも悪質極まりないやり方です!

また、遮音や遮熱にこだわる我が家が選んだ換気方法は、第一種換気です。

ご存知の方も多いと思いますが、第一種換気というのは全室のドアの下部の隙間等がなければ 空気を循環してキレイにすることが出来ません。

遮音にこだわって建てている家ですから、当然打ち合わせ時に遮音ドアの取り付け場所の確認や形状、機能等についてはキチンと話し合っております。
その時の音声記録も鮮明に残っております。

それなのに、まさか打ち合わせ時に約束していたドアと全く違うドアが付けられていたなどとは 全く疑ってもみませんでした。
驚愕です。

まさか 閉めた途端に一切の換気が遮断されてしまうドアが各所に付けられていたとは…
全く信じ難い出来事です。

エアファクトリーの機械本体に及ぼしていたであろう悪影響の程度も心配です。

この家は、一体どうなっているのでしょうか?

東京セキスイハイムの責任者の方々に、事実の解明と責任の所在を明らかにしていただきたいと思います。

I 部長から、「私共は法廷の場に出るつもりはないので…」と、以前 何度もお電話を頂戴いたしましたが、私共は 頭のぶつかる階段に気付いたあの時から、一切考えは変わっておりません!

全く話が噛み合わない貴殿方に、納得のいくご説明をいただける方法が他に有りますか?

詭弁としか言いようがない無責任な言動に、これまでどれ程傷つけられてきたことか、よく考えていただきたい!

どれだけ多くの方が、同じような辛い思いを抱きつつも泣き寝入りを余儀なくされてきたことでしょう。

様々な方々の思いを重ね、正々堂々と闇の多い企業と闘っていきたいと考えています。

 

追記

訴訟含め諸事忙しくなってまいりましたので、更新が滞ると思いますがご了承下さいませ。

↓YES ! 応援クリック!↓

行政書士 坂﨑文哉(sozoku.family-terrace.com)

投稿者: 行政書士 坂﨑文哉(sozoku.family-terrace.com)

資格:行政書士、宅地建物取引士、管理業務主任者         思想:浄土真宗本願寺派、孫子                  読書:山岡荘八「徳川家康」、司馬遼太郎「関ヶ原」         尊敬:徳川家康、武田信玄、本願寺顕如              音楽:Mr.Children、すぎやまこういち、キンモクセイ、加山雄三   ハウスメーカーや法律についてわかりやすく記述していきたいと思います。 相続や遺言、入管、建設業許可等を専門としている。

コメントを残す

コメント承認に時間がかかることがあります。ご了承下さい。 * が付いている欄は必須項目です

*